はんなり   近藤好恵(こんどうよしえ)

つまみ細工 はんなり 

 

「伝統工芸つまみ細工を愛でる会」

 

主宰 近藤好恵 (つまみ細工作家)

 

屋号 はんなり

 

 

宮城県仙台市泉区在住

 

「江戸つまみ簪」職人と出会い

日本特有の季節感を表現する「花簪」に魅了され、創作活動を始める。

 

炊き上げ製法のでんぷん糊と絹羽二重を使用した伝統的手法にて、伝統と現代の融合を目指した作品創りを目指す。

 

 

◆「伝統工芸つまみ細工を愛でる会」は、昔しながらの糊作りや染色等を体験。つまみ細工の歴史やその時代背景などを検証しつつ、日本特有の季節感や美意識の奥深さに触れ、つまみ細工のみならず和文化の普及に努める。

 

経歴

仙台駅前東口 はんなりつまみ細工工房開校。

 

仙台市一番町「つまみ細工はんなりin だりあ庵」を経て、仙台市銀杏坂、国分町、一番町にて「つまみ細工はんなり」仙台教室を開校。

「伝統工芸つまみ細工を愛でる会」発足。

 

 

◆ワークショップ開講

 

仙台市駅前ロフト、東急ハンズ、トラストシティー。

 

東京都渋谷区小学校夏休みワークショップ。

 

東京都東久留米市復興支援希望の笛コンサート応援マーケット。

 

東日本大震災復興支援。

 

その他公共施設にて講座開講。

 

◆仙台市泉パークタウンカルチャーセンター紫山講師 。

 

 

ブライス人形が大好き

つまみ細工を始めたころ、沢山のイベントに参加していました。

多くの作家さんがいる中、どうしたら「はんなり」の存在を認識してもらえるんだろう?

そこで出会ったブライス人形。

お着物を着せ小ぶりな簪をつけて看板娘になってもらったところ大人気♪ 

その後「はんなり」といえばお着物姿のブライス人形が目印となりました。